風のましゅーBlogの落書きサイト

【コラム】コロナについて、ゆっくりと考えてみる。

こんばんは ましゅーです。

(´・ω・`) 疲れた。

お疲れ様です。

ねこーん

いやよね、年度末って。なんで、こんなに忙しいんだろう。あれだよね、毎年、年度末は忙しいって分かっているんだから、前もって日本中で準備しておけば良いのに。前月くらいから。

( ゚д゚)ハッ! そしたら…。

前月が忙しくなりますね。

ねこーん

なかなか上手くいかないもんですね。

ここから本編

今回の話題は【コラム】です。

(゚д゚)(。_。)ウン チョイと気になった事を書きます。

いろいろ気になりますもんね。

ねこーん

ニュースや巷であった出来事で気になった事をチョロっと書きます。意見はいろいろありますのでね、あくまで、「ひとつの意見として。」受け入れてくれると嬉しいです。

コロナについて、ゆっくり考える。

とつぜん未曽有の襲い掛かって来てはや三年ですか。そう考えると、皆さんよく我慢してますよね。(僕もですけど。)「死に至る病。かつ、感染力も強い。」そんな疫病がまん延し、マスクの装着を余儀なくされ、アライグマのように手洗いをし、移動をガッツリ制限される。

そんな不自由な生活が訪れるなど、誰が予見できたでしょうか。

人間の嫌な所もがっつり見る事になったしね。アジア人に対する差別とか、自粛警察なんて言いながら、ただ人に文句を言うだけの輩とかね。普段は隠されているだけで、人は何ら進化などしていないという事が露見されてしまいました。

今回はね、そんなコロナ禍について考えてみようと思う。

ただ、コロナ禍の嫌な面を書くのはツマラナイ。だから、自分の生活を鑑みて、コロナ禍だった事で、多少は良い方向に進んだことを書きたいと思う。少しでも得るものがあれば、この三年も無駄では無かったと思えるのでね。

チェロを始めた

僕は心臓を傷めている(心筋梗塞経験者)ので、いわゆる基礎疾患持ちになるんですよね。なので、普通の人よりも死を近くに感じましたね。コロナが広がり始めた当初は、「罹患したら死ぬかも知れんな。」って本気で思ってた。

そう考えるとね、人ってやり残したことを考えるんです。僕もやり残したことを考えてたら、「ずっと夢見ていたチェリストになりたい。」というのが沸き上がって来たんですよね。

ずっとチェロを弾いて見たかった。でも、いろいろな理由を付けてトライしてなかったんですよね。例えば、レッスンをしている場所を知らない―とか、チョロの本体が高い―とか。

でも、そんなのやらない理由にならないんだよね。やりたいと思えば出来る。実際、やろうと思ったら、あっという間にレッスン先は見つかったし、チェロも購入したし。

コロナ禍が無ければ、今もウジウジ悩んでいたかも知れません。今、新しい趣味としてチェロを弾いている事を考えると、これは良かったと思える事です。

時間を見直すことが出来た

やりたい事をどんどんやっていくようになったので、足りなくなったのが時間でした。なので、大幅に時間の振り分けを考える事が出来ました。

時間の振り分けを考えて行動し始めると、無駄に過ごす時間が大きく減るんですよね。

ほら、たまにあるじゃないですか。本当に何もせず無為に過ごす休日が。起きたのは良いけど、ダラダラと動画を見るだけで過ぎ去る休日とかね。(しかも、そんなに興味のない動画を見てたりする。)

時間を見直すことによって、無駄な時間を過ごすことが減りましたね。いや、ゼロにはなって無いんです。でも、明らかに減った。時間の見直しは人生の見直しにもつながるかも知れんので、そう考えると良いことと言えるかもしれません。

人に優しくなれた

罹患して入院し、感染するかも知れないので、お別れも出来ないまま火葬。そんなのが当たり前なわけです。そう考えると、身内や友だちを無碍には出来ない。ありがとうなどのセリフを臆面もなく言うようになりました。

その結果、人との付き合いが良好になっているんですよね。人に対してすごく優しく接することが出来てます。というか、丁寧に優しく接していないと、「その人と会えるのが、それで最後になる。」可能性もあるのだから。

一期一会ではありませんが、大切に過ごしておこうと思える。そう思えるだけで、人生は豊かになるかも知れん。

無駄なコミュニケーションが減った

飲み会とかもそうですが、無駄なコミュニケーションが減りました。今までは、どうしても付き合いで断れない会合とかがあったのですが、今は面と向かって断ることが出来る。(そもそも、そういった会合自体が減りましたし。)

飲み会以外でも、「ちょっとコロナが心配なので…。」と言えば、たいていの事は断れますしね。免罪符的な理由があるのは、ある意味、良いことだと思うのよね。じゃないと、断れない人も世の中にはいっぱい居ますもんね。

そう考えると、免罪符的な理由となったコロナにも良い所はあったのかも知れません。

まとめ

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… こんなもんかな。

お疲れさまでした。

ねこーん

コロナがまん延して良かった。なんては思いません。でも、コロナがきっかけで生活が変わったのは間違いありません。そう考えると、コロナも無駄では無かったと思えるかも知れない。

多くの人が命を落としている疫病なので、もう二度と流行って欲しくないですが、ひょっとしたら、また起こるかも知れません。でも、仮に次起きたとしても、全世界が経験したおかげで、次回はもっと上手に乗り切れるかもしれません。

僕の手元に3回目のワクチン接種の予約券が届いています。もう予約は済ませましたが、今回のワクチンを無事に接種したら、コロナのリスクレベルを下げようと思っています。

まあ、下げると言っても、都会へはまだ行かないし、マスクもするし、手も洗うし、消毒もする。でも、クラシックコンサートへは行こうと思いますし、少人数でご飯も食べに行こうと思ってる。そもそも、自分の中のリスクレベルを下げただけで、気持ちに余裕も出てきますしね。

ワクチン接種の予約券が届いたので、ゆっくりとコロナについて考えてみました。コロナ禍に突入して3年目。そろそろ、自分たちで出口を作る時かもしれませんね。(国は役に立たない気がするし。)

( ゚д゚)ウム それでは。

また、次記事でお会いしましょう~。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!