風のましゅーBlogの落書きサイト

【コラム】Vol. 03 FIREムーブメント。時代に乗るかは置いといて、生活を見直すチャンスはある。

こんばんは ましゅーです。

(´Д⊂ヽ 良く寝ました。

爆睡でしたね。

ねこーん

日曜日にいろいろと計画を立てていたのですが、すべての用事をほったらかして爆睡していました。いや、ほんまに良く寝た。(笑)でも、そのお陰で気力、体力が充実しております。

いや、体は疲れてたんだね、驚きました。皆さん、たまには完全オフの日を自分に与えてあげて下さいね。そうだね、1か月に一回くらいはダラダラするだけの日も良いかもね。

ここから本編

今回の話題は【コラム】です。

(゚д゚)(。_。)ウン チョイと気になった事を書きます。

いろいろ気になりますもんね。

ねこーん

ニュースや巷であった出来事で気になった事をチョロっと書きます。意見はいろいろありますのでね、あくまで、「ひとつの意見として。」受け入れてくれると嬉しいです。

時には起こせよムーブメント

(´・ω・)(・ω・`)ネー 急に騒ぎ出したね。

リモートワークも関係しているんですかね?

ねこーん

FIREムーブメント

テレビや雑誌、youtubeでも”FIRE”と言う言葉が乱舞しています。

FIREとは、

  • F:Financial(財政上、金融上に)
  • I:independent(独立した)
  • R:retire(引退、退職)
  • E:early(早期)

要は早期リタイア?のことです。

でも、いろいろ見ていると、ただリタイアするのではなく、経済的に独立することが何より大切なのだとか何とかかんとか…。まあ、個人的には、「要は定年まで働かないように?って事やろ。」って僕は理解していますけど。

何だか、急に世間を騒がしている話題ですよね。ココまで急速に広がると、僕なんかは闇の手を感じますケドね。(会社が早期退職を促したい…みたいなね。)。

まま、そんな陰謀説もあるけれども、せっかくなので話題にしてみようと思います。

早期のリタイア

お金の話題って何となくタブーと言うのが、日本人に刷り込まれている気がします。これは武家社会が長かった事が影響しているような気がするんですよね。(ソースはありません。)

「武士は食わねど高楊枝。」

「金子に執着するは、下人がする事よ。」

みたいな感じで、武士がお金に執着するより、名誉を重んずる事に理由があった気がします。士農工商で武士がいちばん偉く、商人がいちばん下なのもソレを表している気がします。

また、昭和に入ってからは、「清貧こそ美徳。」が声高に叫ばれていたし、戦費を集めるために貯金を国が推奨した事もあり、金融リテラシーが日本人に馴染んでいない事も一因かも知れません。

そんな日本人がここへ来て、金融リテラシーに目覚めている気がします。否、目覚めさせられているのかな?ちょっと急激にそんな話が出始めている気がします。

折しも、「トヨタの社長が終身雇用制を批判したり、サントリーの社長が45歳定年制を言い出した。」のとあまりにもタイミングが合っているので、「闇の手が世間に介入している。」なんて僕は分析していますケドね。(笑)

とは言え。

とは言えね、僕も仕事が嫌いな人間ではあります。可能であれば、ずっと趣味を楽しんでいたい人間。なので、このブームに乗ってやろうと思っています。

正直ね、お金を充分に持っての完全リタイアは、歳的にも金融的にもムリ。宝くじが当たるとか、よほど面白いyoutubeチャンネルを作るとかしないと出来ない。(youtubeも限りなくレッドオーシャンに近くなってますし。)。

だいたいね、趣味だけで余生を楽しむ。と書けば楽しそうに聞こえますが、今、会社に再雇用で来られている先輩たちに話を聞くと、「趣味だけにすると、時間を埋められない。」らしいんですよね。

最初の数年は良いらしいんですが、直ぐに時間があまる事に気付くのだそう。なので、畑仕事をしたり、地域のボランティアに参加したりして、時間を埋めだす。

仕事を辞めてやれやれ…とは思うらしいんですが、最終的に仕事を求め出すらしいんですよね。まあ、団塊の世代でしょうから、特にそう感じるのかも知れませんが。

「へー、そんなもんなんだ。」

なんて、人生の先輩の話を素直に受け入れる様にしています。なので、僕的には、「好きな事を仕事にしつつ、趣味を楽しむ。」ぐらいを目指すべき場所にしたいと思っています。

では、どうしてゆくべきか

好きな事を仕事にする。と書けば簡単だけど、好きなことを仕事にするのはかなり難しい。

野球が大好き!と思っても、プロ野球選手には成れない。(歳的にね。)野球に関する仕事をしたいと思っても、ナカナカそこにはたどり着けない。(僕の場合はクラシックに関する仕事…ですけど。)。

なので、好きな仕事と言いつつ、目指しているのはリモートワークなんです、僕の場合。とにかくね、仕事勤めの中でも朝の通勤がとにかく嫌いなもんで。

あの時間を勿体ないと感じるんです。(早起きは得意ですけど。)。また、出来たら週休4日に持っていきたい。週3ぐらいで働くのがベストだと思ってるんですよね。なので、好きな事を仕事にすると言うよりは、「会社勤めからは離脱する。」ことを目指す事になります。

今、ソレが出来るスキルを身に付けたいと思って、活動し始めています。

いま出来ること

新しいスキルを学びつつ、いま出来る事に着手しています。

週休4日を目指すため、「必要経費を下げること。」に取り組んでいます。生活費を圧縮すれば、毎月の生活費が下がる。そうすれば、週休4日でも過ごせる可能性があります。いま直ぐに仕事を辞める訳でも無いので、生活費を圧縮しておけば、貯えを増やしておく事も出来ますし。

とは言え、生活の水準を落とす気もない。

チェロは弾きたいし、山登りにもキャンプにも行きたい。早期リタイアのために好きな事を諦めるのはちょっと違う気がする。んですよね。

コツコツ働いて×2。やっと早期リタイア出来るお金が準備出来た!と思ったら、腰が曲がっていた…。なんてのは悲しい。

なので、「自分は苦労せず、少しずつお金を貯えてゆく。」

と言うのがベスト。

そんな都合の良い…なんて思ってたんですけど、そこはブームに乗るべき。節税する方法であったり、保険の見直しであったり、今、FIREのブームに乗って様々な書籍なども出ていますので、出来そうな事を取り入れるだけで良い。

保険の見直しを実施

思い立ったが吉日。さっそく保険の見直しを実施しました。

このブログでも書いていますけど、心臓を患っていますので、何度か生命保険を利用しているんです。その経験で、「掛け金と帰って来る保険金にスゴイ剥離があるな…。」とずっと感じていたんです。

でも、ずっと、「いざという時のため、高い保険へ入っておくべき。」と刷り込まれていたんです。叔母さんが保険会社のセールスマンでしたからね、あの人の営業成績の為にせっせとお金を貢いでいましたよ。大して会いもしないし、保険の見直しの時しか連絡ないのに。

でもね、保険を変える事には怖さもあったんです。内容をよく吟味していなかったので、保険屋さんの言う通りにしていたんですよね。

で、今回のチャンスです。幸い、多くの書籍が出ていましたし、youtubeでも多くの動画がありましたので、真剣に見て勉強しました。

その結果、大幅な変更を実施。持病があるので入れないかも…と思っていましたが、今はそれに対応した保険も出ていますしね。

変更の結果、総額で20,000円掛かっていた生命保険を8,000円まで圧縮する事が出来ました。コレだけで12,000円の節約ですもん。しかも、生活水準はまったく変わらんし。

もちろん、いざという時のカバーは考えています。でも、見ればみるほど、不要なお金を払い続けていましたね。実際に入院を何度かしていますケド、使えなかったり、不要だったりする契約がひじょうに多い。

保険屋さんも悪気は無いと思うんですが、「彼らも生活が懸かっている。」のでね、売らないといけない商品をガンガン売って来ますから。

保険屋さんが売りたい商品って、「保険屋ががっぽり儲かって、あんまり契約者に保険金を払わないで済む。」商品ですから。慈善事業じゃないのでね、そこら辺はクレバーです。(じゃないと、有名プロクラブのスポンサーになれるほど儲からないわな。)。

不要な保険を払っている人って多くいると思います。なので、このタイミングを利用して見直すことは良いコトかも知れません。面倒くさそうに思えますケド、取り掛かると直ぐでしたし。あれぐらいの時間で年間15万近くの節約が出来るなら大成功ですよ。

まとめ

と言う訳で、早期リタイアを目指しています。

先ずは財政(生活費)を抑える事から始めないとですね。支出を減らせば、収入も減らすことが出来ますから。ただ、生活水準を下げるのはツラいので、見直す場所はよく検討するべきですケドね。

自分が感じない所で、知らない間に節約できている。

出来れば、これがベスト。

難しそうですけど、見直していると確かに手を入れる場所があるんですよね。今回の生命保険がそうですし、スマホなんかもそう。

契約時に訳の分からない付属契約を結ばされているんですよね。しかも、それがサブスクリプション契約(定期契約)させられている。

「月々〇〇円でこの保証を付けられます。」

ってのは常套手段ですよね。確かに月々支払う金額は安いのだけど、年額にすると…さらに使っていない金額を掛けると…。

僕はざっくり計算しました。(あくまで概算ですよ。)僕が支払った生命保険額は500万近く。んで、今までに降りた保険額はどう計算しても100万に満たない。これはね、あまりにもコスパが悪い。

いざ!と言う時のため。って言うのは分かりますが、いざ!が起きても回収できていません。これ以上のいざが起きると、僕はこの世にいないし。

あっ、そうそう。これはね、あくまで生命保険の話です。自動車の保険や火災保険などは入っておくべきですし、安易に安くしちゃダメです。

FIREの話と言いつつ、保険の話になっちゃいましたね。でも、生活費で先ず見直すのは、保険と携帯料金、各サブスクリプション契約だそうですよ。(本の受け売り。)。

とにかく、生活水準を維持しつつ、早期リタイアを目指していきます。いや、働くという選択肢は捨てないので半リタイアかな。

趣味を楽しみつつ、残りの人生も楽しむ。

FIREを目指す事は終活にも繋がってくるかも知れませんね。

( ゚д゚)ウム それでは。

また、次記事でお会いしましょう~。

ねこーん

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください